オイルを使って美肌を目指す

ちょっとした乾燥肌なので、保湿には人一倍気をつけているつもりです。 最近私がハマっているのが「オイル美容」です。 朝の洗顔は水だけ・夜はメイクを落とすクレンジングをしてからのダブル洗顔をしますが、きれいにした後の肌につけるのは美容オイルです。 椿油を使っていたこともありますが、現在はオリーブ油を使っています。 洗顔後の肌にまず最初に手のひらに数滴とって温めたオイルをポンポンとする感じでつけるのです。 最初に適当に肌になじませたら、ハンドプッシュ、それから化粧水をつけます。 とくに乾燥の気になるおでこやアゴのあたりはとくに丁寧につけるようにします。 化粧水をつけたあとにべたつきが気になるようなら、ベビーパウダーを少しはたいておきます。 オイルの量を調節するのが難しいかもしれませんが、本当に2,3滴でいいです。 しっかりと手のひらをこすりあわせるようにして温めてから肌につけることでうまくなじみます。 手のひらに残ったオイルはひざや肘などにもなでるようにしておきます。 夜のお手入れの場合はオイル・化粧水だけです。 朝は夜よりもオイルを控え目につけて、化粧水・乳液をつけてから普通にメイクしています。 肌には気を使う年齢になりました 年齢を重ねるごとに肌のハリやツヤがなくなってきました。おまけに乾燥肌なので、スキンケアに気を付けるようになりました。この時期、特に乾燥してしまいがちなので外出した後や、エアコンをつけた時は必ず、加湿器を使用します。水分も適度にとるようにしています。食事にも気を付けていて、バランスのとれた食事を心がけています。ビタミンの多い野菜、緑黄色野菜と果物は毎日食べるようにしています。また、便秘は肌荒れの原因にもなるので、便秘をしないように適度な運動をしたり、繊維質の多い野菜をとるようにしています。朝晩の化粧水でのお手入れも欠かせません。化粧水をただパシャパシャつけるのではなく、ゆっくりと手のひらで押さえるようになじませていきます。浸透してくるようでとても気持ちいいです。しばらく潤いが保たれているように感じます。あとは睡眠を十分にとること、ストレスをためないこと等、肌に気を使うことはたくさんあります。 これから、肌はますます衰えていくばかりなので、肌にいいことを色々と試していきたいと思います。

どうする?攻めの美白美容戦略

うっかり日焼けなど、油断するとすぐにできてしまうシミやソバカス。将来的に、肌の加齢を加速させる原因ともなる紫外線ダメージは、極力避けたいところです。日焼け防止策として有効なのは、物理的に紫外線をブロックすることに尽きます。日頃から、サンスクリーン(日焼け止め)効果のあるクリームを使用し、屋外に出る時は帽子や日傘で直射日光を避けるのが鉄則です。しかし、どうしてもできてしまったシミ・ソバカスにはどのようなアプローチをすべきか今一度考えて見ましょう。毎年のようにコスメブランドが力を入れているのが、美白効果のある基礎化粧品。中でも、美白美容液はシミ・ソバカス対策として、多くの女性が関心を寄せています。美白有効成分には、アルブチン、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、中にはかなり強い効果のあるハイドロキノンなどが配合された美容液もあります。美白美容液には、これらの有効成分が配合されることで、価格帯も高めとなっています。しかし、美白美容液のほどんどが、できてしまったシミに即効的に効くかというと、答えはノーです。数か月使用しつづけて、ようやくシミが薄くなったような気がする程度…がほとんど。非常に根気のいるケアが必要になります。そこで、注目したいのが、美容外科などで施術されているレーザーによるシミ取りです。1回の費用はかなり高額ではありますが、即効性が期待できるのが特徴です。高価な美白美容液を何本も使い続けることを考えると、美容外科での美白メニューは、案外と割安な施術なのかもしれません。興味のある方は、一度カウンセリングを受けられるのをお勧めします。 気になる部位を徹底的に脱毛してくれる全身脱毛 大阪エリアでは人気ですよ。口コミランキングサイトなら施術を受けた人の声が聞けるので、クリニック選びにはとても便利です!

日差しにもちゃんとしたUVの季節や

春になるところのスキンケア

まだ寒いなとすごす内に少しずつの気温アップになり、春になっていると思うのはこんな時期ですね。
朝など顔を洗っていてもお水そのものがヒンヤリという感じがやわらいでいるし、水温むというのはこういうことだって思いました。

出かければポカポカと暖かく、冬もの着ていてせかせか歩くと汗ばみそうにもなり、そんな日の日差しにもちゃんとしたUVの季... >>read more

むくみ回避のために毎晩お風呂でマッサージ

顔がむくみやすい体質なので、朝起きてがっかりしないように、毎晩お風呂でマッサージをしています。マッサージのやり方は簡単です。まず首筋を手でさすります。あまりごりごりと力を入れてさすると、首が痛くなったり気分が悪くなったりするので、撫でる程度の力でさすります。さする方向はは首の前から耳の後ろに向けてです。片手ずつ、左右両方の首筋をさすったら今度は、瞼を手で温めます。私は瞼が腫れることが多いので、瞼の... >>read more

Powered by WordPress | Free wordpress themes free | Thanks to Download Free WordPress Theme, Best New Business and Premium WordPress Themes